1. TOP
  2. 矯正の特色と実例
img
矯正の特色と実例

当医院では、患者様に一番良い方法をご提案し、矯正治療を行っています。
歯を抜かないで治せると言うと不思議に思う人もいるようですが、百聞は一見にしかずと言うように、実際の事例を見れば納得できるでしょう。
歯を抜くということは、将来の咬み合わせや審美的なことを考えていないのでお勧め出来ない治療方法です。当医院のすばらしい技術で幸せをつかんで下さい。歯ならびが変わると本当に人生まで変わると言われています。美しさと健康をゲットしましょう。

歯列矯正例

  • 乱ぐい歯(そう生)乱ぐい歯(そう生)治療前
  • 出っ歯(上顎前突)出っ歯(上顎前突)治療前
  • 受け口(下顎前突)受け口(下顎前突)治療前
  • arrow
  • arrow
  • arrow
  • 乱ぐい歯(そう生)治療後
  • 出っ歯(上顎前突)治療後
  • 受け口(下顎前突)治療後
抜かない矯正の特長

当医院では、長年の研究と技術により開発した術式で矯正治療を行います。今まで日本で行われてきた矯正治療では、第1小臼歯という奥歯を4本必ず抜いていました。これにより、矯正治療後、前歯はきれいに並んでも、奥歯がきちんと咬めないということが起こっていました。
当医院では歯を抜かない歯列矯正を第一選択として患者様にお薦めします。では、歯を抜かない矯正の特長をご説明しましょう。

※タイトル部分をクリックすると内容が表示されます。

歯を抜かない矯正

日本の矯正では抜歯があまりにも簡単に行われていますが、すでにアメリカでは非抜歯矯正が主流となっています。歯を抜かなければ、歯は残るし、痛みも少なく、早く治ります。歯を抜かなければ、抜いて矯正した場合よりも、頗る良く咬めます。
歯を抜くと咬み合わせが狂います。歯は神様からの贈り物であり、一生に一度しか生え変わらない宝物です。
一度抜いてしまうと2度と生えてきません。歯は抜かないということが原則なのです。歯を抜かなくても、きれいな歯ならびや健康をゲットすることができます。歯の根まで抜いてしまうということは、よくよく考えていただきたいのです。阿部歯科では歯を抜かない矯正を実践しています。

痛みの少ない矯正

矯正治療は痛みを伴うものとお考えでしょう。しかし歯を抜かない矯正は、歯を動かす量が少ないため痛みが最小限です。
矯正治療はワイヤーの交換のたびにすごく痛みを感じると言われています。それは50年以上前の方法である歯を抜く矯正の特色です。歯を抜く矯正に使用するのはステンレスのワイヤーが主であったり、顎間ゴムといって上顎と下顎の間にゴムをかける方法など痛みの出る方法が使われるからです。
当医院ではアメリカ生まれのチタンワイヤーを主に、グッド育ちの最新テクニックと最新の器具を用いて治療しますので、痛くないのです。全くと言ってよいほど痛くないので、"これで治るのかと逆に心配する"という笑い話になるほど痛くないのです。

アメリカ生まれの最新ワイヤー

アメリカ生まれの最新のワイヤーを使用します。ご希望により、歯の色に近い目立たないワイヤー、ブラケットもご用意しています。

治療期間が短い

歯を抜く矯正では2年から5年が治療期間の平均です。入れ歯式の奥歯を広げるという方法では、5年から10年という治療期間が平均です。ところが、当医院の最新の方法では子供で6ヶ月、成人で1年が平均的な治療期間ですから、治るのがすごく早いのです。スピーディーということはあらゆることで大切で重要なことです。それは歯を抜かない方法で最新の理論だから実現できるのです。

年齢不問

矯正治療は何歳からでも可能です。最近では20歳から50歳で成人矯正を希望される人が一番多く、治療期間は1年ぐらいです。治療期間は1年であっても、6ヶ月もすれば随分きれいになります。美しくなって、咬み合わせが良くなり、こころにもゆとりができ、良く咬めて健康になるのですから、本当にすてきなことと思います。毎日鏡と向きあい、毎日おいしく食べられ、大きく笑える人生のために歯ならびをきれいにする投資は安い買い物といえるでしょう。

目立たない

当医院の矯正治療は満足を感じて貰うことを喜びとしています。ブラケットとワイヤーを中心に治療を行ってゆきますが、歯を抜きませんから、隙間が目立つということはありません。
歯を抜く矯正は大きな隙間ができて見苦しい時期がありますが、歯を抜かない矯正では歯ぐきの成長を促進させることになるテクニックの応用ですから、大きな隙間はできません。
ブラケットも透明なブラケットを準備しており、目立ちません。ワイヤーも白い歯の色をしたものを準備しています。これは成人のときですが、アメリカでは子供にはカラフルなものが好まれています。日本でもカラフルなかわいいものが子どもには好まれつつあります。目立たないものを好むか、目立つものを好むかは人によってそれぞれ異なりますから相談されると良いでしょう。

明朗会計

治療費は総費用が分かる説明をしますから、それ以外の費用は必要ありません。費用を一つずつ細かく分けて総費用が分からない所がありますから、十分に気を付けて下さい。最初に安いことを言われても治療期間が5年ともなれば調整費だけでも何十万円となります。
よくあるケースとしては "顎を広げると言って治療費は10万円だと言いながら調整費を毎回払い、2年後ぐらいに歯を抜かないといけないと言われ、その費用が70万円だと言われた"などということがあります。まるで詐欺みたいな話で、合計すると100万円以上200万円にもなると言われた話などもあります。
最初から料金を明確に提示し、治療期間もどのくらいでということをはっきりと言えるところを選ぶことです。領収書も発行してくれなくてはいけません。その点当医院では安心です。
参考までに、総費用は10万円から60万円です。これには検査料、矯正処置料、保定料などが含まれています。

ヘッドギアーは不用

矯正ではヘッドギアーを使用するところが多く見受けられますが、当医院では成長を阻止したり、苦痛を与えるヘッドギアーは使用しません。ヘッドギアーを使用しなくても咬み合せの改善はできるのです。

矯正で側方拡大はしない

側方拡大を行う矯正はしません。
側方拡大の矯正は奥歯が噛めなくなるなどリスクが大きいのです。
咬めなくなれば学力やスポーツの能力が落ちます。又、成長期に口の中に異物をいれておくことになり、脳の発育を阻害します。こういう危険な側方拡大は行いません。

歯を抜かない矯正Q&A
ページの先頭へ